アフターピルを服用してしまう事も絶対にないとは言い切れません。もし服用後に生理が来なかったら?どれくらいの日数待っても生理が来ないとダメなのかなどアフターピルと生理の関係についてを主にお話ししていきます。

2017年05月の記事一覧

アフターピルで抜け毛が増えたり鎮痛剤は使えない疑問

避妊に失敗してしまった際の救世主がアフターピルです。避妊薬としての低用量ピルに比べて、日本ではその存在すらあまり知られていませんが、これは女性にとってかなり大事な存在です。望まれない子供が生まれてこないように、このアフターピルの存在は今後もっと世に広まるべきです。
アフターピルは行為後、72時間以内に服用することで、生理を起こして着床を防ぐことで妊娠を防ぎます。行為後24時間以内に服用することで、ほぼ避妊に成功するといわれています。健康保険が使えないので1万円ほどの自己負担となりますが、妊娠してからの堕胎手術よりも体に与える影響は少ないので、望まない妊娠を避けるための選択肢として、このアフターピルを知っておくべきです。
そんなアフターピルですが、服用によって抜け毛が増えたという口コミを耳にしますが、これは間違いです。女性の抜け毛の多くがホルモンバランスの乱れによります。アフターピルによってホルモンバランスが整うことで、むしろ抜け毛が抑制されるはずだからです。おそらく服用で抜け毛が減っていたところ、服用をやめたこと通常の抜け毛の量に戻ったことで、抜け毛が増えたと勘違いしたのでしょう。
またアフターピルは生理を起こして着床を防ぐ方法なので、生理痛が気になる方も多いでしょう。生理の時は鎮痛剤を飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。アフターピルによる生理痛を防ぐために鎮痛剤を服用しても、薬の効果が弱まったり、逆に強くなったりするなどの問題は発生しないといわれているので、特に問題はありません。ただ、どうしても気になる場合、処方してもらう際に医師に鎮痛剤を飲んでいいのか確認しておくと安心です。

続きを読む

アフターピル:不仲:がんに関して

カップルでも、本当に相手のことを大事に思っていれば「相手の身体に負担をかけたくない」という男性側の気持ちから、性交渉を行う際には、きちんとコンドームを使って性交渉にのぞみます。

しかし、不仲なカップルになると、性交渉は行うものの相手の女性は「ただの性交渉の相手」としか思っていないような男性もいるわけであり、そこから避妊の道具であるコンドームを使わない傾向があるのです。

その結果として、女性は泣く泣くアフターピルを使わざるを得ない、という状況になってしまうのです。

アフターピルは避妊を男性が行わなかった場合の妊娠防止に、とても役立つものですが、女性の身体には大きな負担、ダメージ、またさらには精神的な重荷がかかります。

それでも、関係を続けていきたいと不仲でありながらも共依存の関係でカップルになっているケースもありますが、いずれにしろ、アフターピルを何度も飲むことは、女性の身体にはいいことばかりではありません。

確かに、ピルを飲んでいるとがんになりにくい、という説もありますが、これは医学的には意見が分かれていることであり、また同時に、アフターピルを飲んだ後には、食欲が失せたりする女性が多いこと、また下痢などを起こす女性が多いことなど、男性側はそうした女性の身体への影響を考えるべきものです。

アフターピルを使う際には、特に敏感に体が弱っている人などは、ゆっくりと休める期間を準備しておかないと、とても辛い症状が出ることがあります。
個人差ももちろん、大きいものですが、寝たきり状態で日々を過ごし、漸く生理などが来て妊娠を防げたことを安心出来る、といったような条件での使用となりますので、仕事などを休まざるを得ない女性もいるのです。

そのあたりを、男性はしっかりと相手の女性のためにも考えるべきだ、とされています。

続きを読む

アフターピルとアンジュと貧血について

アフターピルは緊急的に避妊するためのピルとして知られていますが、貧血などの副作用が心配だという人もいるかもしれません。女性は毎月の生理が旅行などと重なると困ってしまいますし、そのような時にはアフターピルを服用して生理周期を調整すると良いでしょう。アフターピルには生理日を早めたり遅らせたりする効果があるため、大切な予定がある場合は事前に用意しておくのがおすすめです。生理を早めるためには生理開始後の2~3日目後にアフターピルを飲みますが、生理を遅らせたい場合は10日前までに飲むようにしましょう。服用してから2~4日目で出血が始まるのですが、2週間服用することで生理周期を7~10日間早めることができます。アフターピルは生理周期を調整できることはもちろん、生理痛の緩和や肌荒れの改善にも役立ちます。また、ホルモンバランスを整えることでがんなどの予防にも繋がるでしょう。副作用が心配だという人もいるかもしれません。しかし、最近では女性ホルモンの量が少ないピルも登場しており、副作用のリスクはほとんどありません。アフターピルで避妊効果を得たいという場合、性行為をしてから72時間以内に服用し、12時間後にも服用をする必要があります。低用量ピルは配合されている女性ホルモンの量が少ないのですが、一度にたくさん飲むことでアフターピルとほとんど同じ効果を得られるということです。第2世代ピルであるアンジュの場合、性行為をして72時間以内に4錠を飲んで12時後にも4錠飲む必要があります。そして、第3世代ピルの場合は性行為後の72時間以内に3錠、12時間後に3錠を服用しましょう。アフターピルには重篤な副作用のリスクはないとされています。

続きを読む

アフターピルと食品と継続について

性行為後でも避妊をしたいという場合、アフターピルを服用すると良いでしょう。コンドームを使っていても破れたり脱落してしまったら意味がありませんし、膣外への射精を行っても避妊効果は認められていません。ウレタン製コンドームなどの場合は製品自体に問題がないのですが、根元まで下げずに使う人が多く、途中で外れてしまう人も多いとされています。そのような場合の緊急避妊方法として知られているのがアフターピルとなっており、万が一の時のために用意しておくと良いでしょう。しかし、これは妊娠を防ぐ最後の手段であり、100%避妊できるというわけではありません。この薬は排卵を抑制することで受精を妨げることができますし、子宮への受精卵の着床を阻止することで妊娠を回避するというものです。アフターピルは中絶とは異なっており、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。料金は病院によって異なっていますが、3000~15000円が相場とされています。保険適用外となるのでクリニックによって値段がかなり異なっていますし、高いから質が良いというわけでもないので注意しましょう。アフターピルを少しでも安く購入したいという場合、通販サイトを利用するのがおすすめです。しかし、通販サイトだと時間がかかってしまうこともありますし、予備として事前に購入しておいた方が安心です。アフターピルは低用量ピルに比べると副作用が強いため、継続して使用するのは良くありません。また、避妊の成功率も確実ではないのですが、妊娠の不安を抱えているならアフターピルを使用すると良いでしょう。ちなみに、アフターピルによる重篤な副作用はないとされています。しかし、食品には注意しましょう。

続きを読む

激安のアフターピルを使って胃痛がしたときは

避妊のため、低用量ピルを利用している女性は多いですが、仕事が忙し過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすると、ついうっかり飲み忘れてしまうことがあります。
そんなときに性行為を行ったり、パートナーが避妊具を付けてくれないと、望まない妊娠をする可能性があります。
中絶はしたくないので、それだけは避けたいと思うなら、個人輸入代行通販でアフターピルを購入し、手元に置いておくようにしましょう。
性行為から24時間以内にアフターピルを飲めば、ほぼ確実に妊娠を防げますし、72時間以内でも効果を期待できるので、いざというときのために持っておくと安心です。
アフターピルはクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、診察費や交通費を払いたくない人には、個人輸入代行通販を利用すると良いですね。
激安価格で買えるので、まとめ買いをしやすいですし、送料無料で送ってくれるサイトもあるので、自宅に居ながら薬だけを手に入れたい人には便利です。
アフターピルには副作用があるので、人によっては服用後に胃が痛くなりますし、頭痛やめまい、吐き気、嘔吐などが起こることもありますが、これは薬の効き目とともに治まるので、あまり心配することはないでしょう。
これらの副作用は通常、24時間以内に治まるといわれていますが、もしそれ以上に長く続く場合は、クリニックを受診するようにしてください。
避妊できずに、望まない妊娠をすると、中絶をしなければならないことがあるので、体への影響が大きくなりますし、お金もかかってしまいます。
それを防ぐには避妊をするしかありませんが、いつ失敗するかはわからないので、いつでもアフターピルを服用できるよう、クリニックや個人輸入代行通販から入手しておくようにしましょう。

続きを読む

アフターピルと治療と代理店について

アフターピルは緊急的に避妊するための薬であり、普段から避妊を考えている場合は低用量ピルなどを使用する必要があります。ピルには避妊効果が期待できることはもちろん、生理に関する症状を治療する効果や女性特有の病気を予防する効果も期待できます。ちなみに、アフターピルは薬局やドラッグストアなどでは販売されていませんし、病院で処方を受ける必要があります。しかし、わざわざ病院に行くのは面倒だという場合、個人輸入を行っている代理店を利用すると良いでしょう。アフターピルは保険適用外となるため、診察料や薬の費用などは医療機関が自由に設定することができます。できるだけ安い医療機関で処方を受けたいと考えるかもしれませんが、高いところはアフターケアなどがしっかりしていますし、副作用が起きてしまった場合にもしっかり対処してくれると考えられるでしょう。個人輸入を行っている代理店の場合、手ごろな価格でピルを入手できるというメリットが挙げられます。しかし、服用方法がよく分からないこともありますし、副作用についてもきちんと説明してもらえないこともあります。初めて服用する場合はいろいろ気になることもあるでしょうし、まずは医療機関で診察を受けた方が良いでしょう。普段からきちんと避妊しているのにたまたま避妊に失敗してしまうということもあるかもしれません。また、望まない性行為を強いられ緊急に避妊をする必要が出てしまうこともあります。そのような時に使用されるのが緊急避妊薬のアフターピルであり、この薬を服用すると一時的に女性ホルモンの量が増加します。アフターピルの避妊成功率は80%程度とされており、確実に避妊できるというわけではありませんが、正しく服用することで高い効果を期待できるのです。

続きを読む

アフターピルと精液と頭痛について

ピルなどで避妊をしていないという場合、ほんの少しでも精液が膣内に入ってしまったら避妊は失敗となります。外に射精をした場合や性交渉の後に膣内を洗い流しても意味はありません。不妊治療で人工授精をする時に子宮内に注入する精液の量は0.1mリットルと言われており、それだけでも妊娠の可能性は十分にあるのです。アフターピルを服用することで体内のホルモンバランスを変化させることができます。それによって緊急避妊ができるということですが、副作用が起きてしまうこともあります。副作用については個人差もありますし、人によっては全く現れないこともあります。しかし、初めてアフターピルを服用する場合、副作用が気になってしまうこともあるでしょう。この薬を飲むことで体内の女性ホルモンの竜が急激に増えることになります。胃腸からホルモンが吸収されると血中でホルモン濃度が上がるため、服用して2~3時間後に副作用が出ることが一般的です。アフターピルを服用して2日程度で成分は抜けていきますが、服用して数日後に副作用のような症状が出てしまうこともあります。主な副作用としたは吐き気や嘔吐、頭痛などが挙げられます。ちなみに、アフターピルを服用して2時間以内に嘔吐してしまった場合、成分が完全に体内に吸収されていないので避妊に失敗してしまうことがあります。服用から2時間以内に嘔吐してしまった場合は追加でピルを飲む必要があるため、病院に連絡をしてドクターの指示を受けるようにしましょう。吐き気対策としてはアフターピルと一緒に吐き気止めを処方してもらうのがおすすめです。また、アフターピルを服用すると眩暈や腹痛などが起きてしまうこともあります。

続きを読む