アフターピルを服用してしまう事も絶対にないとは言い切れません。もし服用後に生理が来なかったら?どれくらいの日数待っても生理が来ないとダメなのかなどアフターピルと生理の関係についてを主にお話ししていきます。

2017年01月の記事一覧

アフターピルと食品と継続について

性行為後でも避妊をしたいという場合、アフターピルを服用すると良いでしょう。コンドームを使っていても破れたり脱落してしまったら意味がありませんし、膣外への射精を行っても避妊効果は認められていません。ウレタン製コンドームなどの場合は製品自体に問題がないのですが、根元まで下げずに使う人が多く、途中で外れてしまう人も多いとされています。そのような場合の緊急避妊方法として知られているのがアフターピルとなっており、万が一の時のために用意しておくと良いでしょう。しかし、これは妊娠を防ぐ最後の手段であり、100%避妊できるというわけではありません。この薬は排卵を抑制することで受精を妨げることができますし、子宮への受精卵の着床を阻止することで妊娠を回避するというものです。アフターピルは中絶とは異なっており、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。料金は病院によって異なっていますが、3000~15000円が相場とされています。保険適用外となるのでクリニックによって値段がかなり異なっていますし、高いから質が良いというわけでもないので注意しましょう。アフターピルを少しでも安く購入したいという場合、通販サイトを利用するのがおすすめです。しかし、通販サイトだと時間がかかってしまうこともありますし、予備として事前に購入しておいた方が安心です。アフターピルは低用量ピルに比べると副作用が強いため、継続して使用するのは良くありません。また、避妊の成功率も確実ではないのですが、妊娠の不安を抱えているならアフターピルを使用すると良いでしょう。ちなみに、アフターピルによる重篤な副作用はないとされています。しかし、食品には注意しましょう。

続きを読む