アフターピルを服用してしまう事も絶対にないとは言い切れません。もし服用後に生理が来なかったら?どれくらいの日数待っても生理が来ないとダメなのかなどアフターピルと生理の関係についてを主にお話ししていきます。

2016年12月の記事一覧

激安のアフターピルを使って胃痛がしたときは

避妊のため、低用量ピルを利用している女性は多いですが、仕事が忙し過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすると、ついうっかり飲み忘れてしまうことがあります。
そんなときに性行為を行ったり、パートナーが避妊具を付けてくれないと、望まない妊娠をする可能性があります。
中絶はしたくないので、それだけは避けたいと思うなら、個人輸入代行通販でアフターピルを購入し、手元に置いておくようにしましょう。
性行為から24時間以内にアフターピルを飲めば、ほぼ確実に妊娠を防げますし、72時間以内でも効果を期待できるので、いざというときのために持っておくと安心です。
アフターピルはクリニックで処方してもらうのが一般的ですが、診察費や交通費を払いたくない人には、個人輸入代行通販を利用すると良いですね。
激安価格で買えるので、まとめ買いをしやすいですし、送料無料で送ってくれるサイトもあるので、自宅に居ながら薬だけを手に入れたい人には便利です。
アフターピルには副作用があるので、人によっては服用後に胃が痛くなりますし、頭痛やめまい、吐き気、嘔吐などが起こることもありますが、これは薬の効き目とともに治まるので、あまり心配することはないでしょう。
これらの副作用は通常、24時間以内に治まるといわれていますが、もしそれ以上に長く続く場合は、クリニックを受診するようにしてください。
避妊できずに、望まない妊娠をすると、中絶をしなければならないことがあるので、体への影響が大きくなりますし、お金もかかってしまいます。
それを防ぐには避妊をするしかありませんが、いつ失敗するかはわからないので、いつでもアフターピルを服用できるよう、クリニックや個人輸入代行通販から入手しておくようにしましょう。

続きを読む