アフターピルを服用してしまう事も絶対にないとは言い切れません。もし服用後に生理が来なかったら?どれくらいの日数待っても生理が来ないとダメなのかなどアフターピルと生理の関係についてを主にお話ししていきます。

アフターピルと治療と代理店について

アフターピルは緊急的に避妊するための薬であり、普段から避妊を考えている場合は低用量ピルなどを使用する必要があります。ピルには避妊効果が期待できることはもちろん、生理に関する症状を治療する効果や女性特有の病気を予防する効果も期待できます。ちなみに、アフターピルは薬局やドラッグストアなどでは販売されていませんし、病院で処方を受ける必要があります。しかし、わざわざ病院に行くのは面倒だという場合、個人輸入を行っている代理店を利用すると良いでしょう。アフターピルは保険適用外となるため、診察料や薬の費用などは医療機関が自由に設定することができます。できるだけ安い医療機関で処方を受けたいと考えるかもしれませんが、高いところはアフターケアなどがしっかりしていますし、副作用が起きてしまった場合にもしっかり対処してくれると考えられるでしょう。個人輸入を行っている代理店の場合、手ごろな価格でピルを入手できるというメリットが挙げられます。しかし、服用方法がよく分からないこともありますし、副作用についてもきちんと説明してもらえないこともあります。初めて服用する場合はいろいろ気になることもあるでしょうし、まずは医療機関で診察を受けた方が良いでしょう。普段からきちんと避妊しているのにたまたま避妊に失敗してしまうということもあるかもしれません。また、望まない性行為を強いられ緊急に避妊をする必要が出てしまうこともあります。そのような時に使用されるのが緊急避妊薬のアフターピルであり、この薬を服用すると一時的に女性ホルモンの量が増加します。アフターピルの避妊成功率は80%程度とされており、確実に避妊できるというわけではありませんが、正しく服用することで高い効果を期待できるのです。